早めの予防で妊娠線を防ぐ|赤ちゃんと美容は両方守れる

白い肌になるために

スキンケア

美白美容液には、シミを作らない効果のあるもの、できてしまったシミに働くものがあります。また、特徴として、ビタミンC誘導体やレチノール、アルブチンなどの美容素材が配合されたものが多くあります。

皮膚の疾患になります

妊婦

肉割れともいいます

赤ちゃんの誕生は、母親父親ともに喜ばしいことになります。しかし妊婦である母親には、妊娠時特有の困った現象がおこることもあるのです。それは妊娠線と、呼ばれるものになります。海外ではストレッチマークの呼び名があり、日本においての正式名称は線状皮膚萎縮症です。皮膚の疾患の一つで、いわゆる肉割れといった症状がおこります。この肉割れは肥満気味な人にもおこるので、妊娠線という呼称は妊婦の妊娠時のみに使用される言葉です。胎児が成長するにつれ、皮膚は急速に引っ張られます。初期症状では、赤紫の線となってあらわれることが多いです。次第に赤みは消えていきますが、表面上に細かいしわができます。この症状は完治することはなく、亀裂はそのまま残ってしまうのです。

保湿ケアで防ぎます

妊娠線の痕を消し去って完治させる治療方法は、現在のところ見つかってはいないのが現状です。そして第一子の時にはできなかった人でも、第二子で妊娠線ができてしまったというケースもあります。現在では残念ながら治療の方法が確立されていないので、防ぐには予防という方法しかないのです。皮膚に弾力性がないために、断裂がおきて妊娠線となります。だったら断裂がおきないように、皮膚にしっかりと潤いを与えればよいのです。というわけで防ぐには、保湿ケアが重要になります。保湿ケアには、妊娠線の予防専用のクリームやオイルがあるので利用するといいです。予防専用のものは、少々割高になりますが伸びがよく塗りやすいのでおすすめします。しかし予防してもできてしまう場合もありますが、悲観する必要はないです。代謝によって肌は生まれ変わっていくので、正しい食生活を送っていれば目立たなくなっていきます。

肌のリフトアップ目指す

鏡を見る女性

肌の奥のコラーゲンが不足することでたるみが起きてしまいます。そのため、コラーゲンを含む美容液や、コラーゲンを増やす作用のある美容液でのケアが効果的です。また、エイジングケア全般に効果があるプラセンタもおすすめです。

これで効果的に保湿する

化粧水

自覚のある人だけでなく自覚がない人も乾燥肌の可能性があります。保湿が足りていない時は美容液を使うと良いです。特に保湿成分であるセラミドが配合されているかどうかは美容液選びの大きなポイントになります。肌が敏感になっているかもしれないので腕などで試してから使うのが良いでしょう。